<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

こだわり紅岩塩を・・・   

2009年 09月 20日

ヒマラヤ食用岩塩を飲食事業部にて、使用することに致しました。
健康にも良く、なめたときの食感も、食塩とはぜんぜん違います。
浪花屋鳥造  香里園 ・ 住道 守口店の3店舗限定となります。
ぜひご賞味くださいませ♪
d0137102_14215150.jpg

[PR]

by koumutenn2000 | 2009-09-20 14:21 | ●必見情報●

秋祭り (地車曳行)   

2009年 09月 15日

今年もだんじりを引っぱります。
10月17日と10月18日が今年の地車曳行日です。
17日土曜日17:00 からは夜店も出ます。
私は焼き鳥担当でそちらのブースにいる予定です。
ぜひ地元の皆様でご参加下さい。

毎年参加していますが、2年前までは、大和田駅のロータリーに他の地車と集合して、やりまわし等のアピール合戦を行っていました。しかし、最近は、他の所が出さなくなったりして、単独で曳行をすることが多いです。
伝統文化が廃れているような気がして、残念です。

常盤町(横地)の地車は皆元気良く若い人が多いので活気があります。毎年私は地車の右後コーナーを押しています。ここは力を入れやすく、地車を持ち上げたり下に降ろしたり、やりまわすのに力が最大限に発揮できる場所なので、自分のポジションにしています。
ちなみにラグビーの3番ポジションと同じなのでなぜか安心致します。

地元の方々に、お花代(ご祝儀)を路上で頂くと、タオルのプレゼントと、繁栄を願って地車を上げ下げして、”ガッシャン、ガッシャン”と音を立てて祈願をします。
今年は景気回復を願ってより気合を入れて上げます!
地元のお客様、右後ろにいるので、ぜひ声をかけてください。

d0137102_1094829.jpg
d0137102_1010074.jpg

[PR]

by koumutenn2000 | 2009-09-15 10:10 | ●地域貢献●

緑茶の勉強を始めたら…。   

2009年 09月 07日

日本人にとって緑茶は単にノドを潤す為だけの飲み物ではありません。
ほっと一息つきたいときに、お湯を沸かしてから、急須に茶葉を入れ、お湯を注ぎます。
少しの間蒸らしてから、湯のみに注ぎ、やっと飲むことができます。
そのとき人は『ほっ。』っとすることができます。
緑茶はわたしたちの心を和ませる飲み物なのです。

これはサントリーの伊右衛門茶の受け売りですが、確かにそうだなぁと、共感できる点が多々あります。
そんなことを思っていると、取引先の方から一冊の本をいただきました。
PHP研究所から出版されている、山本兼一氏の著書、『利休にたずねよ』です。

千利休を主人公にしており、読んでいるだけで、風景が想像できるすばらしい本です。
茶道を題材にしており、茶道の深さや侘び寂の事がでてきます。
もっと簡単に言うと、秀吉は『権力にものを言わせて、大きくて金ピカで下品』
対する利休は『美の天才でシンプルな中に美しさを見つけ出し上品』
それに嫉妬した秀吉が、利休をないがしろにしてしまう、という内容です。

生き方や考え方が真逆の二人。
その二人の生き様が面白く表現されています。
また、欲に生きる人、生きない人の違いがわかりやすく書かれており、すごく勉強になりました。

不思議なことに、サントリーのお茶の勉強から、千利休に繋がって、以前遊びに行った宇治に繋がり、秀吉から以前読んだ武士道の本に繋がり、全てがリンクしている様に感じました。

抽象的な話はこんなところで…。。。

『侘びた風情は心が和む』
ということに、すぐに影響を受けてしまい、弊社でもお客様に緑茶をお出しすることにいたしました。

忙しく走りまわっておられるお取引様、緊張しながら来社されるお客様に、少しでも『ほっ。』っとしていただける空間づくりが出来るよう、精進いたします。

暑い日は、冷たいこだわり緑茶をお出しいたしますので、お気軽に来社下さい。

…やはり住宅もシンプルモダンが一番かなぁ、と改めて考えさせられました。
プラス『和』も取り入れていきたいなぁ…。

白黒・坪庭・桜・土間・竹・枯山水etc…。
d0137102_1635697.jpg
d0137102_16365751.jpg

[PR]

by koumutenn2000 | 2009-09-07 16:39 | ●プライベート●