<   2008年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

子供の成長を考えた間取り   

2008年 02月 12日

住宅購入を考えられる理由の1番の理由が、マンションが手狭なので、1戸建てが欲しいという理由が大半を占めます。手狭になった理由は子供が成長につれて、勉強机の置く位置や収納が足りないといった理由が多数です。
住宅の購入に際して間取りは重要なポイントであります。間取りもお子様の成長に合わせて変化させなければなりません。今回は、お子様の成長に合わせて簡単に変化できるような間取り事例をご紹介いたします。


  将来独立間プラン

例えば、6帖と6帖の子供部屋を、お子様が小さな間は、12帖の続き間にしておき、引き戸を入れておけば将来簡単に部屋の区切りができて独立間になります。お子様が小さな間は、家族4人で寝ることも可能です。(電気代も安く付きます)また主寝室とも組み合わせれば大空間にもなります。自分1人の場所が欲しくなる年代になれば、間仕切りを入れれば簡単に個室になります。

[PR]

by koumutenn2000 | 2008-02-12 13:20 | ●良い家を造ろう●

高齢化住宅を考える   

2008年 02月 01日

自分の親世代が高齢化してきて、実際に高齢化に備えてどういった住宅が適してくるか、社内で考えてみました。
幸いにも弊社には福祉住環境コーディネータ2級の社員が2人います。
また、私の実の弟夫婦が2人とも、介護福祉士で、元は枚方市の老人ホームで働いていたという幸運がありましたので、よい意見が出ました。会議の結果、人間も住宅も、長寿化しているので、将来自分や家族に介護が必要となることが想定できました。そこで、介護に対応できる部屋、介護サービスが受けられる介護室を造っておく事がベストという意見がでました。その際、介護室の配置ですが介護室をトイレや浴室と隣接すると、自立支援や介護負担の軽減につながるというよい意見が出ました。
 しかし、最初から介護室を造ってしまうと、もったいないという意見が出たので、当初は来客用や趣味室として使用して将来的に介護室にリフォームすれば効率的につかえる、という最終結論になりました。会議後勉強し、高齢化リフォームに市が援助金を出してくれますので、そちらを利用したり、リフォームを提案できるようになりました。
来年は、福祉住環境の資格にトライしてみようかな?と思うのと同時に、介護しなくていいように元気に暮らしてほしいなぁと感じました。

[PR]

by koumutenn2000 | 2008-02-01 13:14 | ●良い家を造ろう●